「パチンコ廃止を求める会」が12月15日デモ
2013/12/07
「パチンコ廃止を求める会」が、12月15日第一回のデモを行います。


---------------------------------------------------------------------
カジノ反対!パチンコ廃止!ギャンブル依存症から日本を守れ!

12月15日 パチンコ廃止を求める会 第一回デモのお知らせ
----------------------------------------------------------------------

超党派議連によるカジノ法案が今国会に提出される予定です。

いよいよカジノ解禁は現実的な政治課題になったといえます。

一方でカジノ解禁のどさくさにまぎれてパチンコ換金を合法化しようという 動きも見過ごせません。

世界のギャンブルマシーンの60%が稼働している日本はカジノがなくとも、 巨大なギャンブル大国と言えます。

ギャンブル依存症患者の数は500万人にものぼり、多重債務、家庭崩壊など、 国民生活に深刻な影響を及ぼしています。

このギャンブル依存症の大部分は小カジノといってもいいパチンコによって 作られたものです。

パチンコが三点方式という脱法的な方法で換金行為を行っており、 実態として賭博であるにもかかわらず、賭博としての規制がされていないことが ギャンブル依存症を生み出している最大の原因と言えます。

カジノの解禁はパチンコにふさわしい規制がされたあとでも遅くはありません。

パチンコの生みだす20兆円の利権に取り込まれた政治家、官僚、マスメディアは この500万人に依存症を生み出したこの構造を是正しようとしないようです。

危険性を知りながら利権に絡めとられ被害を拡大される構図は、 かつての公害病と同じと言えます。

国民が直接、声を上げない限り日本はギャンブル依存症に飲み込まれかねません。

国民が声を上げなければ依存症患者500万人と家族の地獄が終わることはないでしょう。

有権者として、国民として、依存症を作り続けるパチンコというシステムを許さない という意思を突きつけましょう。

ギャンブル依存症にむしばまれる日本を救うため、あなたの声が必要です。

カジノ反対!パチンコ廃止!の声を上野に響かせましょう。


<日時> 平成25年12月15日(日)
集会開始 14:00〜  
来賓: 小坂英二議員 (荒川区議)
デモ出発 15:00

<集合場所>

御徒町公園
東京都台東区台東4-13-3

最寄駅: 御徒町駅 徒歩6分、仲御徒町駅 徒歩5分
上野御徒町駅 徒歩8分、新御徒町駅 徒歩6分
http://www.enjoytokyo.jp/amuse/spot/l_00005393/


10月25日獨協大学で講演
2013/10/29
 10月25日、獨協大学でお話をさせていただきました。90分の時間でしたが、動画も16分あり質疑応答も15分ぐらい取らせてもらいました。

 カジノ解禁に賛成の方は1人もあらず、さすが130年の歴史を誇る大学だと思いましたが、担当の先生のお話では、学生たちがカジノをよく知らない面もあるからと謙虚なお言葉でしたが、筆者はうれしくなりました。

 全国19カ所も、カジノをやってみいたとするアホな国民が多くなっているなかで、良識をもった学生さんに会えて嬉しくなりました。

 もしカジノを解禁したら、今以上に自殺者が多くなるのは避けられません。

 獨協大学の和田先生並びに、学生の皆様にこの場を借りましてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 カジノを解禁しましたら、ギャンブル依存症で苦しむ人を増やすだけです。

 自殺者に関しては、この動画をご覧ください。良くできた作品です。

 http://www.saving10000.com/ja/


東京のシンポジュームの報告
2013/10/14
 東京の弘斉会館で行われました、シンポジュームの報告が遅れましたが、ネットのプログからひとつ紹介します。

 カジノとギャンブル依存症の問題を考えるシンポジウムが28日、東京都内で開かれました。

主催は、ギャンブル依存症に苦しむ人々の支援などを行っている依存症問題対策全国会議。

カジノをめぐっては、自民、民主、維新、公明などの国会議員でつくる「国際観光産業振興議員連盟」が、カジノを中心とした統合型リゾート(IR)の 建設を目指してきました。

秋の臨時国会では、カジノ解禁に向けて議員立法の提出を狙っています。

シンポジウムでは、ギャンブル依存症で苦しんだ当事者やその家族が体験を報告。作家・ジャーナリストの若宮健さん、精神保健福祉士の長坂和則・静岡福祉大学社会福祉学部教授が講演しました。

パチスロでギャンブル依存症になった男性は、サラ金から借金を繰り返し、妻や子どもとの関係も壊れ、「自分のような人間が世の中にいてもいいのか」と自殺も考えたと語りました。

夫がギャンブル依存症になり、本人も家族も苦しんできたという女性は「日本にはたくさんギャンブルがある。依存症という病気もあることを知ってもらいたい」と話しました。

カジノ施設をつくった韓国やマカオでは犯罪や性産業があふれ、借金苦から自殺する人が絶えないと報告した若宮氏は「日本にはパチンコという とてつもないカジノがある。この国はすでにギャンブル大国だ。さらにカジノを解禁したら大変なことになる」と批判しました。

長年、依存症患者をみてきた長坂氏は「依存症は本人の意思でコントロールできるものではない」とのべ、高齢者のパチンコ依存が増えている問題を指摘しました。

日本共産党の大門実紀史参院議員も参加し、カジノ解禁を進めようとする安倍内閣の動きなどを報告しました。



このプロガーの方が、見事に書いてくれてますので、この方のお書きになった通りです。

 メディアの記者も、5人ぐらいいらしてました。国会でカジノ法案を成立させたい政治家の目的は何なのか、筆者はそれを知りたい。


シンポジュームのご案内
2013/09/17
 9月28日。下記の要領でカジノ問題シンポジュームが行われます。是非ご参加ください。


 シンポジウム「カジノは私たちを幸せにするか?」
〜東京にカジノがくるのか〜

〜カジノの前に考えるギャンブル依存症問題〜

いよいよ、この秋の国会で、カジノ合法化に向けた本格的な審理が行われるといわれています。

一方で、我が国には、日本版簡易カジノであるパチンコが1万軒以上軒を並べ、誰しもがギャンブルに手を染めることができる環境があります。

そして、そのパチンコが日々大量の依存症患者を生み続けています。パチンコというゲーミングマシンにのめり込んで、やめたいと思ってもやめられない状態になっているのは、まさにゲーミングマシン依存であり、それによって、家計、人間関係が崩壊し、心身に異常をきたし、果ては犯罪を犯したり、また、自ら死を選ぶといった社会的な問題を生じています。

パチンコによって生じているこのような問題を放置して、新たなギャンブルを合法化することに問題はないでしょうか。

ギャンブル依存症の正しい知識とその対処法、ギャンブルやゲーミングマシンが必然的に生ずる社会的な問題の理解を通して、依存症に苦しむ人々に対する支援のあり方、依存症問題に対する対策を考え、また、風雲急を告げるカジノ合法化にどう対処すべきか、議論を深めたいと思います。

日時 2013(平成25)年9月28日(土)
午後1時30分から午後4時30分
会場 弘済会館(東京都千代田区麹町5−1)
四ツ谷駅徒歩5分
資料代500円、申込み不要

1 依存症で苦しんだ経験をもつご本人及びご家族の体験報告
2 パチンコ・カジノ議員アンケート集計結果発表とカジノ合法化論の情勢報告
3 「カジノは地元に何をもたらしているのか〜韓国、マカオのカジノの現実」

   講師  若 宮 健  
      作家、ジャーナリスト
      主著「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」など、パチンコによって人生を狂わされた人たちの視点に立った著書を通じて、パチンコやカジノ、依存症の問題に積極的に発言。
4 「ギャンブル依存症って何?〜その機序と回復への道のり」
講師  長 坂 和 則  氏
静岡福祉大学社会福祉学部教授。精神保健福祉士・社会福祉士
1984年より約20年間、精神科病院・クリニックにて、ソーシャルワーカーとして勤務。精神障がい者やアルコール依存症者のリハビリテーション活動に従事。保健所におけるアディクション家族教室のファシリテーターとして支援にあたり、1999年から精神保健福祉士の養成にあたり、健康科学大学を経て、現職。
主催 依存症問題対策全国会議 お問合わせ先 電話06−4868−8751
(依存症問題対策全国会議事務局長 弁護士吉田哲也)

案内のチラシを、そのままご紹介しましたが、私の氏だけは削除しております。四谷の駅から近いので、是非ご参加ください



オリバー・ストーン氏の講演
2013/08/14
米国を代表する映画監督、オリバー・ストーン氏が8月6日広島で講演を行っております。

この講演を聞くと、目から鱗です。是非ご覧ください。

 「女神系★魂美人プロジェクト」より転載させていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=Gj1OaP83vNc

http://www.youtube.com/watch?v=YqwTV-yEz_c

http://www.youtube.com/watch?v=7hi7_ACBxEc

http://www.youtube.com/watch?v=qV1iPXa3DfU

http://www.youtube.com/watch?v=2ASdgFrKa0s

日本はいかに、出鱈目な国であるかよく理解できます。銭儲けだけに、うつつを抜かしてきた結果、心の敗戦を迎えました。

 字幕を希望の方はこちらをご覧ください。
 http://www.youtube.com/watch?v=cd4KX0xVrcU

こちらもどうぞ。http://www.youtube.com/watch?v=cTj6VKKui9o

 オリバー・ストーン監督は、反権力を貫く映画を撮りづけております。

著書の中で、次のように述べておりますが、まさしく正論です。

 「第二次大戦で敗戦した2つの主要国家はドイツと日本だった。両者を並べて比べてみよう。ドイツは国家がしてしまった事を反省し、検証し、罪悪感を感じ、謝罪し、そしてより重要な事に、その後のヨーロッパで平和のための道徳的なリーダーシップをとった。


 「ドイツは、60年代70年代を通してヨーロッパで本当に大きな道徳的な力となった。平和のためのロビー活動を行ない、常に反原子力であり、アメリカが望むようなレベルに自国の軍事力を引き上げることを拒否し続けてきた。


 2003年、アメリカがイラク戦争を始めようというとき、ドイツのシュローダー首相は、フランス、ロシアとともにアメリカのブッシュ大統領に“No”と言ったのだ。しかし、第二次大戦以来私が見た日本は、偉大な文化、映画文化、そして音楽、食文化の日本だった。


 しかし、私が日本について見る事の出来なかったものがひとつある。それは、ただのひとりの政治家も、ひとりの首相も、高邁な道徳や平和のために立ち上がった人がいなかったことだ。いやひとりいた。それは最近オバマ大統領の沖縄政策に反対してオバマにやめさせられた人だ。


 みなさんに聞きたいのは、どうして、ともにひどい経験をしたドイツが今でも平和維持に大きな力を発揮しているのに、日本は、アメリカの衛星国家としてカモにされているのかということだ。あなた方には強い経済もあり、良質な労働力もある。なのになぜ立ち上がろうとしない?」

 
 
 
 オリバー・ストーン監督は、与えられた情報は鵜呑みにはできない、と語っておりますが、日本人は、政権とグルのマスコミが垂れ流す情報を鵜呑みにし過ぎではないか?

 日本にも、このような人物が現れないとこの国は持ちません。日本では、権力へ擦りよる文化人(?)がやたら多くなっております。このままでは、そう遠くない日にこの国は滅びるでしょう。




民主党凋落の原因は
2013/07/23
 今回の選挙で、民主党は国民から見放されたのははっきりしましたが、民主党という泥船から逃げた人物のなかにも、酷い議員もおりました。

 https://www.youtube.com/watch?v=adIBEhfcVzk

当時、爆裂機のパチスロによる被害が大きくなり、規制を強化したら、パチンコ業界が困っている。業界の損害を何としてくれるというとんでもない話です。 

 質問者の後ろで、ニヤニヤしているのが現名古屋市長の河村たかし氏です。

 この発言者の指摘するダイエーは、スーパーのダイエーとは全く関係のないパチンコ屋のダイエーです。

 パチンコ議員は、民主が政権をとった頃は30名以上おりましたが、このような人物が大臣まで務めていたのですから、民主党は救いのない政党でした。

 結局、山田氏は「みどりの風」から立候補して落選しましたが、民主党が天下を取っていた頃、パチンコ議員は何故か小沢派が多かったのも事実です。

 結局は、「生活の党」議席は0「みどりの風」も議席0に終わりました。

  しかし、パチンコ議員で当選してくる人物もおります。パチンコ議員を当選させる民度の低さも併せもっているのが日本人なのです。

 まだ、自民にも、民主にも、維新の会にもパチンコ議員はおります。この国の救いようのない姿が、パチンコ議員の存在に表れております。

パチンコ議員最新版。落選した議員は排除されました。

http://www.pcsa.jp/member.htm

それにしても、民主党代表の海江田氏や自民党の党役員(野田聖子)もパチンコ議員を務めているようでは、国家としても日本は3流の国になりました。

萩原さんの新作紹介
2013/07/20
 新進画家、萩原さんの新作が届きましたのでご紹介します。

 https://www.youtube.com/watch?v=uYtEZm8Kjic

 萩原さんは、いわき市在住ですから、環境の良い土地で創作に励んでおられます。

 僕は、音楽と絵が趣味ですが、今年は、仕事の関係で花岡詠二さんの毎年恒例のライブに行けなくて、今でも残念です。

 萩原さんは、将来必ず大きく羽ばたく日が来ると確信しております。

 筆者は、絵を鑑賞することと、音楽を聴くこと(ジャズとクラッシック)が明日へのエネルギーとなっております。

参議院選後に現政権がやろうとしていること
2013/07/18
 参議院選後、秋の国会で現政権がやろうとしていることがあります。それは、カジノ解禁法案を成立させることです。

 選挙への影響を懸念して、選挙がが終わるまでカジノ法案は封印しておりましたが、選挙が終われば真っ先にカジノ法案の成立に走るのは間違いない。

 これは、確実な情報によるものです。

 パチンコ業界の、キャッチフレーズは「娯楽の殿堂」ですが、カジノは「破滅の殿堂」となります。カジノは、間違いなく破滅の殿堂となるでしょう。

 沖縄在住のジャーナリスト、寺田麗子さんが韓国の自国民向けカジノ「江原ランド」を取材した録画をご覧ください。

 http://www.youtube.com/watch?v=16susIPB-48

 ちなみに、筆者は「江原ランド」に2回取材に訪れておりますが、10時オープンの10分前に行きましたら、1000人を超す依存症の人達が、亡者の群れのようにオープンを待っておりました。

 17か所あるカジノで、10時オープン朝6時クローズは、江原ランドだけで、他のカジノは24時間営業です。

 朝の6時にいったんクローズすると、ホテルの部屋や車の中で仮眠をとり、オケラになるまで打ち続け、最後には車を質屋に入れてまでも勝負します。

 韓国の、自国民向けカジノ「江原ランド」の常務の発言が一番衝撃的です。「日本でカジノを解禁したら、アジア中のやヤクザが日本に集まるでしょう」と証言しております。

さらに、カジノの誘致に動いた人が反省の弁を述べております。カジノを日本で解禁して、しまったと思ってもその時はすでに遅いのです。

 いったん解禁したものを、止めさせることは不可能で、カジノを運営する企業に莫大な損害賠償を払っても無理なのは明らかです。

 この発言は、重く受け止めるべきです。短絡的に、無防備にカジノを解禁しようとしている国会議員は、一体何を考えているのか極めて疑問です。

 日本のパチンコメーカーや、アメリカの巨大資本がカジノ解禁を待ち望んでおります。

 昭和30年代に、売春禁止法が成立しましたが、それを阻止するために業界は、国会議員にあらゆる手を使い働きかけました。

 実際に当時、収賄事件も発生しております。売春禁止法と逆バターンの解禁を働きかけることが行われていないか、国民は、カジノ解禁にもっと関心を持つべきです。

、カジノ解禁に反対しているのは、社民党と共産党だけです。これを、どう捉えるか国民の民度が問われております。

 カジノは、間違いなくこの国を壊します。カジノは、国民にとっては「破滅の殿堂」となるのは間違いありません。

 パチンコと言う「堕落の殿堂」が全国に12000店もありながら、さらに「破滅の殿堂」を作ろうとしている政治家を信用できるのか?

 真剣に考えて投票しないと、この国は大変なことになります。


◆この録画の著作権は寺田麗子氏にありますので、無断使用は厳禁です。コピーなどは、法に触れますのでご注意ください。

笛吹市のパチンコ店の出店について
2013/07/05
 笛吹市に、パチンコ大手のダイナムが出店する問題では、いろいろ考えさせられることが多かった。

 30日の、今井地区の総会では、区長も反対を表明したと出席した読者から報告をいただいております。

 山梨日日新聞の記事も、読者の方のご厚意で読ませてまらいましたが、パチンコの問題になりますと、3大紙は論外としましても、地方紙もとたんに歯切れが悪くなります。

 山梨日日新聞の、パチンコ店での新規出店の記事を読ませてもらった感想は、出店するパチンコ店という存在は、基本的に換金が違法であるということを踏まえて報道してほしかったと思います。

 換金の違法性を考えた場合、パチンコによる被害の大きさを考えた場合、住民目線での報道ができたはずです。

 住宅地に近く、小学校から直線で1キロしかないところにパチンコ店ができることは、住民の立場になって考えた場合、もっと出店する会社に批判的な報道が必要だったように思います。

 今後の成り行き次第では、現地に行き、直接取材し、裏を取ってからまた報告したいと考えております。

 筆者の予想では、このまますんなりと出店を取りやめるとは思えません。多分、もうひと波乱あるでしょう。

 そのときに、区長や市長がどんな決断を下すかそれが問題です。

 ちなみに、出店を予定している会社ダイナムは、マルハンに次ぐ業界2位の会社で、ダイナムのIR情報では、25年3月期の営業収入が1595億円で、全国に353店舗あります。

 http://www.dynam.jp/corp/ir/e_report.html

講演会のお知らせ
2013/06/03
6月16日、鹿角市で下記の要領で講演会が行われます。

お近くの方は、是非ご参加ください。


ギャンブル依存症を知る

 
 パチンコ、パチスロ、競輪、競馬等のギャンブルは、大衆娯楽として私たちの日常生活に身近なものになっていますが、度を越せば、借金地獄、家庭崩壊、自殺等にいたる人生の落とし穴にもなります。

しかし、ほとんどの人は「自分はいつでもやめられる」「いつでも引き返せる」「計算をしてやっている」と自負していますが、いつしか「依存症」という病魔にむしばまれる危険性が潜んでいます。

今、ギャンブルにはまってしまった自分あるいは家族、友達が「依存症」という病気になっているかもしれません。この研修会ではギャンブル依存症を知り、どのようにすれば回復できるのかを学び、予防のためには、どのような方法があるのか考えていきたいと思います。

主催 鹿角アディクション問題を考える会



◆日 時  平成25年 6月16日(日) 10:00〜15:30

◆会 場  鹿角市福祉保健センター 2階 研修室

◆内 容  (1)講義T 「ギャンブル依存症とは 〜相談・治療体制について〜」(仮題)
            講師 田 辺  等 先生(北海道立精神保健福祉センター所長) 
     
(2)講義U 「パチンコとギャンブル依存症」(仮題)
      講師 若 宮  健 (ノンフィクションライター)

(3)講師による対談および質疑応答
                         
◆参加費  600円(昼食代)          

◆参加申込  6月13日(木)まで、下記の
いずれかにお申し込みください。

◆申込先  
・鹿角市障害者センター(担当:小林)
TEL 0186-30-1088 FAX 0186-22-0400
  ・鹿角市社会福祉協議会(担当:菅原)
 TEL 0186-23-2165 FAX 0186-23-2850
  ・かづの厚生病院・医療福祉相談室(担当:青山)
    TEL 0186-23-2111 FAX 0186-30-1439


前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board -
Skin by Web Studio Ciel